WinActorとは

■WinActorとはパソコン操作を自動化するソフトウェアです

WinActor(ウィンアクター)は、繰り返し操作する必要があるようなパソコン操作を自動化するソフトウェアです。このようなソフトウェアのことを、近年RPA(robotic process automation)と呼ぶことがあります。

WinActorは使い勝手の良いRPAとして、導入後すぐに圧倒的なコストパフォーマンスを提供します。専用のパソコンを1台用意して、業務の操作手順を教えるだけで、早ければその日から一人前のロボットとして効果を発揮します。

WinActorを動かすためには、特殊な知識は必要ありませんが、WinActorの能力を最大に引き出すためには、最初にちょっとした工夫が必要です。

当社のきめ細かな各種サービスを是非おためしください。

当社は、国内初の WinActor / WinDirector 特約店契約代行会社として、お客様のWinActorロボットの能力を最大限に引き出すための豊富な経験と実績を有しています。導入をご検討の企業様、親会社に販売・導入の情報システム子会社様、販売特約店をご検討の企業様、お気軽にお問合せください。

■WinActorの導入メリット

品質 人為的な転記ミスなどを削減し、業務品質を向上することができます。
コスト パソコンの数と稼働時間に比例して、業務を遂行することができます。残業時間を削減し、業務スピード向上とコスト削減の両立が可能です。
簡単 煩瑣な手順をすぐに自動化することができます。複数のシステムを連携するには、多くの場合プログラム開発が伴いますが、WinActorならプログラミング不要で自動化が可能です。
生産性 単純労働力を他の知的業務へ切り替えることができ、全体として労働生産性が向上します。
現状維持 長年慣れ親しんだ業務の流れを大きく変更するには、多大な調整時間や現場の抵抗があります。WinActorは、今までの業務の流れはほとんどそのまま自動化するので、導入後即効果が期待できます。
改竄防止 人為的な変更・改ざんが不可能になるので、コンプライアンス遵守が強く求められる場面で活用できます。

■以下の症状にお困りでしたら、WinActorのご検討を

PC入力業務の集中 一時的に負荷の高まる作業(月次締め処理、請求処理、給与支払いなど)の単純なパソコン作業のために、定期的な残業を行ったり、派遣社員やアルバイトを雇っている
同じPC作業の繰り返し データ入力や、伝票の転記、注文書の作成など、同じようなパソコン操作を毎日繰り返すことで社員の成長意欲を満足させられないばかりか、慣れと疲れによる作業ミスが発生している。
入力チェック作業 単純なパソコン入力や転記作業後に、住所や金額の入力誤りが無いかを何度も目で確認している。
システムがバラバラ ひとつの業務を完結させるまでに、いろいろな個別システムの画面を渡り歩かなければならず効率が悪い。

■定型パソコン操作を24時間自動実行

WinActorは、日々のパソコン定型業務を自動化します。社員数数十名の会社や組織から、数万名の企業まで様々な用途でパソコン定型業務を自動化することができます。

WinActorを使えば、定型作業に要する時間を削減し、貴重な人材&時間をより有効的な業務へシフトさせることが可能です。

また、WinActorには残業代や深夜手当は不要ですので、24時間、定型業務を続けることができます。人間の様に疲れによる作業のミスも無ければ、残った仕事を持ち帰り、顧客データをうっかり外部に持ち出すような事もありません。

■WinActorに向く業務

  • すべての業務がパソコンの画面上で完結する業務
  • いつも同じような画面操作で、それほど多くの例外処理が無く、完結するような業務
  • 1台のWinActor専用パソコンに、一日フルに活躍してもらえるような業務
  • 業務終了後に、夜間にWinActorに黙々と活躍できるような業務

たとえば外部のウェブサイトや、社内の顧客管理システムに表示されている情報を見ながら、別のシステム画面に転記入力する業務

たとえば全国の支店から集まる発注データやEXCELにリストされた名簿や売り上げデータを見ながら、システムに入力する業務

たとえば(できるだけ人間を介在させたくない)マイナンバー等、秘密性の高いデータを転記する業務

たとえば部下の進捗管理画面を順次確認して、一定数を上回っていたり、下回っていた時にその担当者と自分にアラートメールを送信する業務

■WinActorに向かない業務

  • メールの本文を読んで、どのように取り扱うかを人間が判断するような処理
  • 画面に表示される画像の中の文字列や模様の形を目で読み取って、転記しなくてはならない処理
  • エクセルのフォーマットや記入ルールがよく変わる業務
  • 同時に何十人ものオペレータが、一斉に並行して処理を行わなければならないような処理

■こんなところにもWinActorが

間接業務部門でのご活用が多くみられますが、医療業界、エンジニアリング部門、研究部門、情報システム部門などにも興味深い適用事例があります。

・銀行保険業、公共サービス、製造業、コールセンター、医療介護、クリニック、IT業界など

■ご注意ください

WinActorをはじめとするRPAは、正しい使い方をすれば素晴らしいツールですが、
いい加減な知識と僅かな説明だけでは導入成功は難しいでしょう。

RPA導入を失敗させないためにも、NTTデータ社が主催するRPA技術者検定に合格した正規のRPA認定技術者を多数擁し、RPA導入に適切なコンサルティングと教育プラン、テストランニングや納品物がはっきりとしている会社をお選びください。

当社では、全国各拠点(東京・名古屋・大阪など)を通じ、コンサルティング、導入教育、テストランニングから納品までを責任もって実施いたします。

 

WinActor操作画面の紹介

WinActor導入パックのご紹介

WinActorの動作環境